高反発マットレス低反発マットレス違い

MENU

高反発マットレスと低反発マットレスは何がどう違うの?

マットレスの購入を考えた時に多くの人から出る質問が、「高反発マットレスと低反発マットレスって一体何が違うの?それぞれどういう特徴があって、どちらがおすすめなの?」という質問です。

 

確かに何も情報がないと高反発マットレス低反発マットレスとでは一体何が違うのかもわかりませんし、おすすめの商品(マットレス)がどれだとか言われたたって、そもそも違いが分からない事には耳に入って来ないですよね(笑)

 

簡単に説明すると、高反発マットレスの方が最近ではより一般的で人気があります

 

では、なぜ高反発マットレスの方が人気があるのかと言うと、高反発マットレスを使って眠った方が低反発マットレスを使った時に比べて睡眠の質が上がるからです!

 

より専門的な説明をするのであれば、高反発マットレスには“十分な硬さ”がありますから、体が極度にマットレスに沈み込む事がないのです。体がマットレスに沈み込んでしまわないので、筋肉を動かさなくてもスムーズに寝返りが打てるのです。

 

低反発マットレスだとマットレス自体が非常に柔らかく、体が沈み込んでしまいますので、寝返りをうつときに筋肉を余計に動かす必要性が生じ、結果的にそれが脳を働かせる事にもつながり、睡眠を妨害してしまいます。

 

高反発マットレスは低反発マットレスと比較して体圧分散に優れ、体にかかる負担を最大限に軽減できるという大きなメリットがあるのです!

 

だから実は、低反発マットレスのメリットは単純に“柔らかい”という点くらいなのです。

 

 

通気性などの面にも違いがあります

 

高反発マットレスと低反発マットレスのその他の違いとしては、高反発マットレスの方が通気性に優れ、日本の雨季などでも湿気を含みません。夏場、寝ている間に人はかなりの汗をかきますが、低反発マットレスですと湿気を閉じ込めてしまって蒸れてしまいます。

 

つまりそれがマットレスの劣化につながるのですが、高反発マットレスは通気性にも優れているので、形状が変化せずに長持ちします。

 

高反発マットレスは低反発マットレスに比較して気温や湿度の変化を受けずらいので、1年を通じて季節の変化のある日本では断然高反発マットレスの方が使い勝手が良いのです。

 

なので最近の日本で高反発マットレスの人気が出ているのは、ごく自然な流れなのです。

 



体圧分散性に優れ、腰痛対策にもなる高反発マットレス

高反発マットレス低反発マットレス

高反発マットレスは、基本的には体圧分散機能の面で優れているので、睡眠中に体に余計な負担をかけません。だからこそ、寝起きが非常にすっきりできますし、目覚め時の疲労感が違います。

 

マットレスの弾力性が、体にかかる圧力をうまく分散してくれるのです。

 

高反発マットレスのそこの機能に着目した整体院や整骨院の先生が、腰痛や肩凝り対策やぎっくり腰の患者さんに高反発マットレスをおすすめしているくらいですし、日本で一番売れている高反発マットレスのモットン等は、「腰痛対策専用」のマットレスだとうたっているくらいです。

 

日本人は勤勉な人が多いので、それくらい腰痛持ちの人が多いという証でしょう!

 

3万円以内で安いマットレスを探している人も多いけど・・・

予算3万円以内で安いマットレスを寝具売り場などで探している人も多いですけど、これはおすすめできません。

 

やはり“安かろう悪かろう”というのはこの業界にも当てはまり、安い商品にはそれなりの理由があるのです。

 

それを知らずにただ「高反発マットレス」だという理由だけでスーパーや量販店で適当な高反発マットレスを購入してしまうと、睡眠の質向上という面では何の効果もなく、無駄な買い物で終わってしまいます。

 

マットレスは一生モノの買い物だと言っても過言ではありませんから、ちゃんと吟味して購入するようにしましょう!

 

質の高い高反発マットレスのモットンでさえも、シングルサイズですと値引き価格の39,800円で購入できますし、ダブルサイズでも59,800円です。

 

一回買ってしまえばずっと使用できるものですから、その辺りを考えてマットレス選びをするのが良いでしょう。